任意売却という方法があります

任意売却とは、住宅ローンなど返済が難しくなってしまった場合、各金融機関と合意の基、抵当権の解除を行い、融資対象の不動産を処分するための手続きのことを言います。抵当権解除のためには、融資金の残額を返済しなければなりません。もし、一般的な不動産売却を行って住宅ローンの残高よりも高く売れれば、売却資金で残債を返済すれば良いのですが、売却価格が住宅ローン残高を下回る金額でしか売れない場合、残債全額を完済することができないので抵当権を解除してもらえません。 そのような場合に、前もって抵当権者の合意を得て不動産を売却し、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権などを解除してもらう行為が「任意売却」なのです。

相談するなら、弁護士よりもまず不動産屋さん

お手持ちの不動産を手放すというのは、やりきれない気持ちがあるかと思います。
しかし、住宅ローンを滞納し続けた場合は不動産が競売にかけられ、周囲の人にその噂が広まる場合も大いにあります。そうなってくると、精神的な負担も大きく、また、今後の人生において大きなリスクを背負ってしまう可能性も否定できません。今現在、お手持ちの不動産が競売にかかっていないのであれば、まだやり直せる要素が大きいことを知っていただきたいという思いでいっぱいです。このページでは、「任意売却」というシステムのご説明をさせていただいておりますが、これは概要に過ぎません。まずはお客様のご事情にあったプランを一緒に考えてみませんか? 私達がそのお手伝いを、全力でサポートしていきます。
まずは相談だけでもいいので、どうぞお気軽にご相談ください。

何もせずに希望の光は見えません!
新しい生活に踏み出すための一歩はあなた次第です。